蜂の子に毒は入ってないの?

蜂の子やフグ、マムシ等、本来毒を持っている生物を食用として扱うとき、その毒は大丈夫なのだろうかと心配になる方も多いのではないでしょうか。
もちろん食べられる状態に調理されている生物には毒は含まれていませんので安心してください。
しかし、その調理過程で、どのように毒が除去されているのでしょうか。
蜂の子の例を考えてみましょう。

食用として扱われているのは、主にスズメバチが一般的です。
この場合、成長した毒針を持っている蜂ではなく、幼虫の状態の蜂が食用にされていることになります。
飛び回っている蜂の後を追いかけて巣を突き止め、その巣ごと持ち帰ります。
そして中に入っている幼虫の蜂を取り出し、火を入れて調理をしたり、佃煮にして食べるといったことが一般的な食べ方になります。
そのため、毒の心配は要りません。
また、逆に成長したスズメバチをお酒の中に入れ、エキスを出した上でそれを飲むという飲食方法もあります。
生きている状態のスズメバチをお酒に入れ、あえてその毒を出して飲むことによって効能を期待するということです。
オスの蜂は毒針を持っていませんので、メスの働き蜂を生け捕りにしてお酒に漬けるという方法がとられます。
このお酒のエキスには疲労回復や血糖値をコントロールする効果等、嬉しい効能がたくさん入っています。

スズメバチに刺されたら危険ですが、このように調理した場合には私たちの滋養強壮に効くわけですから、面白いですね。

LINK関連コラム
トップに戻る