栄養満点!蜂の子を食べてみよう

蜂の子の輸入品と国産品の違いは?

耳鳴りの改善や滋養強壮、またアンチエイジングにも効果が高いといわれている蜂の子ですが、日本でも長野県や栃木県、愛知県や静岡県などの山間部では古くから貴重な蛋白源、また高級珍味として食されてきました。かつて日本では養蜂産業が盛んな時期もありましたが今では生産も限られているため、純国産の蜂産品は高級品となっています。現在流通している蜂の子はそのほとんどが輸入品なので、国産の蜂の子はとても貴重なものです。

蜂の子の国産品を手に入れるためには蜂の子をとって食べる習慣のある一部の地域に直接出向くか、または通販などで購入して入手する方法があります。生の蜂の子は蜂の子の時期(9月下旬から10月頃まで)にしか食べることができませんので、通常は冷凍品として販売されています。

輸入品の場合は、中国や台湾からのものがほとんどです。しかし生の蜂の子は衛生上の理由からの輸入はされておらず、粉末加工されたものです。通常市場に流通している蜂の子サプリメントはその大部分がこの粉末加工された輸入蜂の子を使用しているのです。輸入品の場合は手ごろな価格であることがとても魅力ですがその反面で、残留農薬の心配や生産管理の心配もあります。信頼のできる国内メーカーが生産管理を行っている品物であれば安心できますが、あまりに安価な商品や出所のよくわからない原材料を使用している蜂の子製品はできるだけ避けた方がよいでしょう。

また輸入品の蜂の子はミツバチの働き蜂の子であることも多いのですが、国産品、とりわけ高級品に分類される蜂の子はクロスズメバチが多く、最高級品の部類になると女王蜂の子も販売されています。女王蜂の子は働き蜂の子に比べると栄養価も高く、その希少性から非常に高価で数も限られていますがその分高い効果も期待できるとされています。

page top