漢方としても使われている蜂の子に副作用はあるの?

蜂の子は、古くから漢方薬として広く親しまれています。
特に、中国からの歴史は古く、不老長寿の薬として扱われています。
また、貴重なたんぱく源としても扱われ、健康を保つためには欠かせないものとなっています。
蜂の子は、漢方薬として使用される場合には、耳鳴りの改善として主に使われています。

漢方薬として飲む場合には、いろいろな生薬と混ぜ合わせてあるので、飲み合わせに注意する必要があります。
薬は一般的には副作用に注意が必要ですが、蜂の子は自然由来からの成分なので大きな副作用は少ないとされています。
そのため、古くから使用されてきたともいわれています。
しかし、漢方薬でも、蜂の子に含まれている成分の中にアレルギーのある方は、副作用が出る場合があります。
そのため、使用する前に含まれている成分を確認しておく必要があります。

サプリメントを使用する場合もその点、注意が必要です。
加工する際に使用した成分によっては、副作用が出ることがあります。
そのため、サプリメントを使用する場合でもアレルギーを持っている方は、含まれている成分を事前に確認することが大切です。

蜂の子は、たくさんの栄養素が含まれている為、高い効果が期待できます。
しかし、そのぶん体には強い刺激となってしまいます。
そのため、アレルギー症状が出る場合があります。
安全に蜂の子を摂取するためには、一度アレルギーがあるかどうかの検査をしておくと安心です。
また、虚弱体質の方やぜんそくなどの持病を持っている方は、事前に医師に相談しておくと安心です。

LINK関連コラム
トップに戻る