蜂の子って何だろう?

蜂の子を食べるというのは、なかなか勇気がいることかもしれません。
しかし、蜂の子は滋養強壮に良い等、健康効果も実証されていますし、サプリメントでも売られています。
では、蜂の子とはどういったもので、どのような効果があるのか解説していきます。

蜂の子というのは、その名前の通り、蜂の子供のことを指しています。
幼虫やサナギの状態で調理されているものですから、見た目がグロテスクだと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

種類としては、ミツバチ以外でもスズメバチやアシナガバチ等も蜂の子として食べられており、昔から珍重されてきました。

主にメスの蜂は貴重なため、ローヤルゼリー等の他の用途で使用されてしまう例が多いため、一般的に蜂の子というとオスの蜂が使われていることが多いようです。

蜂の子は昔から珍重されていますが、食用というよりも漢方薬として利用されてきた経緯があります。
アンチエイジング効果、滋養強壮効果のため、古くから用いられてきました。
蜂の子の成分には、アルギニンやロイシンといったアミノ酸、鉄やカルシウム、亜鉛等が含まれています。
他にもたくさんの栄養価の高い成分が入っており、健康効果が高いとされています。

蜂の子はハチミツや植物の花粉等の栄養素を摂取して育ちますが、蜂の子の体内で生成された栄養分が、私たち人間の体内にも吸収されやすい形となるので、蜂の子は体に良いとされているのです。

LINK関連コラム
トップに戻る